【Rainbow Six Siege】VALKYRIEのカメラを投げる速さとその応用

Rainbow Six Siegeというゲームに登場するVALKYRIEというオペレーターはカメラを投げることができる

f:id:ezakiprn:20180810171320j:plain

かっけぇ…

とても強力なオペレーターだが、カメラの設置をミスると真顔案件である

しかし、カメラを投げる速さがわかればそのミスも減るのではないかと考えた

練習しろとかいうのは無しでお願いします

 

 

【計測方法】

ゲーム開始直後、準備フェイズから始まるが、視点は地面と水平になっているはずである。この状態からカメラを投げれば重力に従って自由落下し、地面に落ちる。この投げた直後から地面に接地した瞬間の時間を計測する。そして、地面に落ちたカメラの位置を黄色ピンで差して距離を測る。

f:id:ezakiprn:20180810172612j:plain

大体こんな感じ。

 

【計測結果】

動画を撮って投げてから接地するまでの時間を測ったところおよそ0.66秒であった。

投げた位置からのカメラの距離は以下の画像の通り8mであった。

f:id:ezakiprn:20180810173323p:plain

 

このことから0.66秒で8m進んでいることになるので、8/0.66=12.1m/s

時速に直すと12.1*3600=43560m/h

およそ時速43.6kmということがわかった。

ちなみにこれはウサインボルトの最大時速と同じくらいらしい。

 

【応用】

カメラを投げる速さがわかり、黄色ピンを立てることで距離を測ることもできる。あとは正しい角度で投げることができればピンのところにカメラを投げることができるはずである。

f:id:ezakiprn:20180810175042j:plain

例えば、15m先にカメラを投げたいとする。

面倒なので計算過程は端折るが、45°上を向いて投げると15メートル先に落下するはずである。

計算が間違っていなければ。

 

いや、角度とかどうやって測ればいいんだよ。わかんねーし練習しよ

 

ってことで終わりです。ここまで読んでくれた方々いるかわかりませんがありがとうございました。

 

みんなシージやれ

レインボーシックス シージ - Tom Clancy's Rainbow Six® Siege | Ubisoft